アミノ酸系シャンプーが髪に良い理由

アミノ酸系シャンプーが髪に良い理由について紹介しています。

アミノ酸系シャンプーってどんなもの?

最近よく見聞きするようになったアミノ酸系シャンプーとは、グルタミン酸ナトリウムなどのアミノ酸を洗浄成分として配合したシャンプーです。

 

主にヤシ油などの天然成分を使うことから、髪の毛や頭皮に優しく、適度な洗浄力で洗い上がりも良いとして注目されています。

アミノ酸系シャンプーの見分け方

アミノ酸系シャンプーという商品名で市販されることはほとんどないため、他のシャンプーと見分ける際は成分表示をよく確認するのがポイントです。

 

ココナツオイルなどのヤシ油から抽出するヤシ油脂肪酸を原料にしているものが多いため、成分表示にココイルまたはコカミドから始まる成分名の記載があればアミノ酸系シャンプーと考えてよいでしょう。

アミノ酸系シャンプーのメリット・デメリット

アミノ酸系のシャンプーが他のものと大きく違う点は、洗浄力や泡立ちに優れているのに肌にも優しいというところです。

 

アミノ酸は人の体内に存在する成分で、健康のためには不可欠な栄養素として知られています。

 

そんな天然成分でつくられたシャンプーだから肌に優しいのは当たり前で、ハゲに効くシャンプーとしてだけでなく、赤ちゃんから敏感肌・乾燥肌の人まで安心して使うことができます。また、弱酸性の特徴を活かして頭皮の健康を保ち、髪の毛を保護する効果に優れています。赤ちゃんも使えるほどなので、大人の頭皮にも優しいんですね。

 

頭皮は汗をかきやすく雑菌が繁殖しやすいことから、通常は殺菌性のある弱酸性に保たれていますが、頭皮や毛穴に残った皮脂が酸化するとその効果が弱まって雑菌が繁殖しやすくなり、肌トラブルや抜け毛の原因となります。

 

その点、弱酸性のアミノ酸系シャンプーは頭皮と同じpH値であるため親和性に優れており、肌に優しいだけでなく頭皮や髪の毛の保護にも効果的です。

 

このように利用メリットの大きいアミノ酸系のシャンプーですが、高級アルコール系シャンプーと比べて洗浄力が低く、泡立ちや洗い上がりの手触りなども一般的なシャンプーに比べるとやや劣ります。また、天然由来の成分を原料とするため生産性が悪く、市販価格が高くなってしまう傾向にあります。

 

しかし、泡立ちが良く洗浄力に優れたシャンプーは、そのほとんどが刺激の強い界面活性剤を使用しているため、髪の毛や頭皮への負担も大きく環境にも良くありません。

 

多少価格が高くても、天然成分でできた肌に優しいシャンプーを選ぶことが大切です。多くのAGA専門クリニックでも専用の育毛シャンプーの利用をすすめられるはずです。ハゲに効くシャンプーなんだと考え、多少は値段が高いと思っても一度はトライしてみましょう。