高級アルコール系シャンプーは髪に良いか

高級アルコール系シャンプーは髪に良いか、ハゲそうならシャンプーを高級アルコール系から替えませんかという提案並びに解説を掲載しています。

高級アルコール系シャンプーってどんなもの?

高級アルコール系シャンプーと聞くと、その名前から高価で高品質というイメージがありますが、この場合の高級アルコールとは含まれる炭素数が多いことを意味しています。炭素数が多いことから水分や油分と馴染みやすく、泡立ちや手触りの良さ、洗浄力が高さなどが特徴的なシャンプーです。

高級アルコール系シャンプーの見分け方

テレビや雑誌などの広告でよく見聞きするものをはじめ、スーパーやドラッグストアなど何処でも手軽に購入できるタイプのシャンプーは、そのほとんどが高級アルコール系シャンプーです。最近では、髪の毛や頭皮への優しさに配慮した無添加シャンプーなどもよく見かけるようになりましたが、高級アルコール系とは異なった洗浄成分でつくられています。
高級アルコール系シャンプーという商品名では市販されていませんので、見分ける際には成分表示を確認すると分りやすいです。例えば、ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸アンモニウムといったように、成分名に硫酸に関係する記載があるものが高級アルコール系シャンプーです。

高級アルコール系シャンプーのメリット・デメリット

高級アルコール系シャンプーは、一般家庭で最も幅広く利用されているシャンプーです。無添加シャンプーなどに見られる髪の毛のきしみやごわつきが少なく、指どおりや使い心地の良さから人気があります。また、原料費が安く生産性が高いことから、コンビニからスーパーまで何処でも購入しやすく、他のシャンプーよりも価格が手頃なのが魅力です。
その一方で、高級アルコール系シャンプーには刺激の強い洗浄成分が使われているため、肌の弱い人はかぶれや炎症などの皮膚トラブルを起こしてしまうことがあります。赤ちゃんや敏感肌の人はもちろん、頭皮への刺激が抜け毛の原因ともなるため、抜け毛や薄毛が気になる人にもお勧めできません。
皮脂には潤いを保ち、外部からの刺激などから髪の毛や頭皮を守る働きがありますが、洗浄力の高いシャンプーは必要な皮脂まで洗い流してしまうため、頭皮の乾燥や痒みの原因となります。さらに、不足した皮脂を補うために皮脂が過剰に分泌されることから、毛穴の詰まりの原因となって抜け毛や薄毛を進行させてしまうこともあります。

 

ここまで説明をしてきたように、髪の毛が薄くなってきたり、抜け毛が増えてきて、ハゲそうならシャンプーを高級アルコール系から育毛用の商品に切り替えて様子をみてはいかがでしょう。