ハゲに効くシャンプーの条件とは

ハゲに効くシャンプーの条件について紹介します。

 

近頃、あちらこちらで見かけるハゲに効くシャンプー、いわゆる育毛シャンプーとは、いったいどのようなシャンプーのことを言うのでしょう。子供の頃、単に親が買ってきたからというだけで、何気なく使っていた市販のシャンプー。近くのスーパーやコンビニでは、TVのCMで流れている有名なシャンプーが、格安の値段で数多く販売されています。

 

どうして、育毛シャンプーと呼ばれるタイプのハゲに効くシャンプーを選ぶ必要があるのでしょう。何故、値段の高いシャンプーを購入する必要があるのでしょう。

 

それは市販されているシャンプーの多くが、頭皮には刺激が強すぎる成分を使っているからです。

 

刺激が強すぎる成分とは

市販されている育毛シャンプーの多くで、意味深に表示されているいくつかの項目があります。見たことがありますか?

  • 植物由来のアミノ酸系
  • ノンシリコン
  • 弱酸性
  • 天然成分配合
  • 鉱物油無添加

これらは何となく薄毛やハゲに効果があるように見えるから、とか、流行っているキーワードだから記載しているわけではないのです。

 

人気を集めている育毛シャンプーは、最新のシャンプー理論、育毛理論に従って、刺激が少なく、髪の毛にやさしい作りになっているんです。

シャンプーと界面活性剤の種類

シャンプーの種類について語る時、真っ先に紹介されるのが界面活性剤の種類と特徴です。

 

界面活性剤を原料によって分類すると

  • 合成系
  • 天然系

に大別できます。

 

さらに、界面活性剤を科学的な成分で分類すると

  • 高級アルコール系
  • ペタン系
  • 石けん系
  • アミノ酸系

などに分けられます。

 

実は、育毛に適したハゲに効くシャンプーを選ぶ時に一番大切なのは、この分類を把握しておくことです。

 

アミノ酸系シャンプー

今、ハゲに効くシャンプー可能性がある育毛シャンプーのほとんどの人気商品が採用しているのは、このアミノ酸系の界面活性剤です。

 

アミノ酸系シャンプーは、植物から抽出した油成分を界面活性剤に利用しています。

 

主にヤシ油から、作られており、シャンプーボトルの裏面に記載されている成分表示では
コカミド○○○
とか
ココイル○○○
と記載されています。

 

ハゲに効くシャンプーの条件として考えるなら、アミノ酸系シャンプーと呼ばれる商品の中から、上記の界面活性剤を使用していない商品を選ぶようにしてみましょう。