石けん系シャンプーのメリットとは

石けん系シャンプーのメリットについて見ていきましょう。

石けん系シャンプーってどんなもの?

一般に市販されているシャンプーには、洗浄力や泡立ちを良くするために高級アルコール系や石油系などの界面活性剤が使われているものが多いですが、石けん系シャンプーは刺激の少ない石けんを界面活性剤の代わりに使うため、髪の毛や肌に優しいのが特徴的です。

石けん系シャンプーの見分け方

石けん系シャンプーの主な成分は、脂肪酸をアルカリで反応させてつくる脂肪酸ナトリウムや脂肪酸カリウムなどの洗浄成分です。石けん系シャンプーは髪の毛や頭皮に優しいというイメージがあるため、製品名にも石けんシャンプーといった記載があるものがほとんどです。石けん系シャンプーは、高級アルコール系シャンプーのように肌への刺激となる成分が含まれないことから、肌の弱い人や敏感肌の人に人気があります。

石けん系シャンプーのメリット・デメリット

石けん系シャンプーを使う最大のメリットは、天然成分を原料とする界面活性剤を使うため、アレルギーなどの問題が少なく安全性が高いということです。髪の毛や肌に優しいことをアピールした広告が多く、香料や着色料などの添加物を含まない無添加のものが多いことから安心感があります。また、天然派のシャンプーは洗浄力の弱いものがほとんどですが、石けん系シャンプーは天然成分の界面活性剤を使うことで適度な洗浄力と肌への優しさを両立しています。
サッパリとした洗い上がりのため、スポーツの後やベタつきが気になる場合に使うと爽快感がありますが、石けん系シャンプーには、泡立ちが悪い、髪の毛がきしむといったデメリットも見られます。また、皮脂に対する洗浄力が高いため、頭皮や髪の毛を保護する皮脂まで洗い流してしまい、髪のパサつきや頭皮の乾燥、フケなどのトラブルを引き起こすこともあります。
さらに、石けん系シャンプーはアルカリ性のため、シャンプーすることで弱酸性に保たれている頭皮のpH値を崩してしまうことがあり、気を付けないと雑菌が繁殖して頭皮トラブルや抜け毛などの原因となります。頭皮のpH値を正常に保つには、シャンプーの後に弱酸性のリンスやコンディショナーを併用する必要があります。また、シャンプー後はしっかりすすがないと髪に残った石けんによってトラブルの原因となることもあるため注意しなければなりません。